【事務所通信バックナンバー】

世の中青葉に変わる

 年度始めで、全てに新しい息吹を感じた四月でした。さくらだよりに耳を傾け、標高の高いところに住んでいる利点で、下から上までずいぶん長い間、車窓からのお花見を楽しむこともできました。しかし、もう、あたりは青葉の季節へと移り変わり、世の中の情勢をよく見極め、今年度の糧にしていかなくては、と身の引き締まる思いをしているところです。

 さて、日本経済新聞が、年度変わりで紙面の刷新をおこない『NIKKEIプラス1』という紙面を出しました。 世の中の事情を網羅していておもしろかったので、ここに少しご紹介してみたいと思います。

■何でもランキング『高校生がよく使うiモード』

  1. エンターテイメント:ポケメロ、着メロ、ステラ占い、 姓名、相性診断
  2. タウン情報/行政 :グルメ情報、JRダイヤ
  3. トラベル   :航空券予約、照会、旅の窓口
  4. チケット/リビング:チケット予約、書籍販売(二十四時間時間対応)、アルバイト

 今や携帯電話の普及数は、すでに加入一般電話を越えたということですが、iモードの契約数は発売以来一年強で、累計五百万件を突破しているということです。いつの世も新しいものに敏感な若者の動向は、流行を予測するうえで見逃せないといいます。私達中高年世代も情報通信の波に積極的に乗っていきたいと思います。(私自身も使ってみて、やはり便利だと感じました。携帯電話のマナーを考えれば、声の出せない所は結構多いので、無言のうちにメールさえ送っておけば相手は見てくれるという安心感があります。また、不意にできてしまった待ち時間などもネットからニュース他の情報をとれるということで、時間が有効に使えるという感じがしました。)

 便利とはいえ、目にやさしくないこのiモードのディスプレイ、そして、ひとつのボタンで三つの文字を使い分けるという煩雑さ、中高年にはつらいものがありますが、そこは拾う神ありで、小型手帳サイズ、フルキーボードの携帯情報機器なども出回っているようです。若者のように娯楽になどという余裕は少しもない私達ですが、情報化の一端として積極的に時代を進んでいけたらと思いました。

■書籍総合ランキング(3月31日〜4月6日・日販調べ)

激戦区−書籍・総合

  1. 『だから、あなたも生きぬいて』大平光代/講談社
  2. 『ビューティフルライフ』北川悦吏子・百瀬しのぶ/角川書店
  3. 『五体不満足』乙武洋匡/講談社
  4. 『下田情死行』西村京太郎/文芸春秋
  5. 『子どもが育つ魔法の言葉』ドロシー・ロー・ノイトほか石井千春訳/PHP研究所
  6. 『やさしいあくま』ナカムラミツル/幻冬舎
  7. 『これを英語で言えますか?』講談社インターナショナル編/講談社インターナショナル
  8. 『虚の王』馳星周/光文社
  9. 『nakata.net98-99』中田英寿/新潮社
  10. 『経済のニュースが面白いほどわかる本(日本経済編)』細野真宏/中経出版

 この中から一冊、

『だから、あなたも生きぬいて』大平光代/講談社

中学校時代のいじめが原因で、思い悩んだ末、非行の道に走ってしまった著者はついに暴力団組長の妻に。そんな著者も知人の励ましで司法試験に挑戦して苦難の末、見事合格。現在、少年問題専門の弁護士として活躍する中、これを読んでひとりでも多くの少年達が立ち直ってくれたらと自分の半生を綴る決意をしたということです。子供向けに読み仮名もついている本ですが、苦しい時にもこれだけの意志を持てば新しい世界が開けていくのだと本当に励まされる本でした。

 このランキングの中で、ランキング10位、『経済のニュースが面白いほどわかる本』をこれから読んでみたいと思っています。経済?若干気を張って!仕事がらみですから。

 皆様方からもよい本やニュース等このNETWORKにご紹介いただければ幸いです。

〈参考〉『NIKKEIプラス1 』 日本経済新聞 平成12年4月15日版
(2000/04/21・荻原幸子)