【事務所通信バックナンバー】

成功の鍵(KFS)作戦21

 当事務所がデータ処理等を委託している先で鰍sKCという会社があります。試算表や決算書などでお目にかかっていると思いますが、そこのTKC全国会で表題の成功の鍵(KFS)作戦21(Key Factor of Success Project21)を展開しています。当事務所も関与先企業の繁栄は事務所の喜びになるということで推進事務所として、月次巡回監査を中心に日々努力している最中でございます。(二十一世紀に向けて生き残っていく事務所となるためのキーワードです)  では、KFSとは何なのかといいますと、   K:継続MAS  経営計画の立案を支援  F:FX2自計化 関与先企業での自計化により黒字決算の達成を支援  S:書面添付   適正申告の履行を支援

 この三点の推進をしていく現状、継続MASについては、各担当者ごと決算対策や経営計画のお手伝いとしてシステムを使用しておりますが、事務所としての満足度は大きいのですが、まだまだ各関与先様のために活用されているかは疑問が残るところです。今後、経営計画の立案ができない企業には淘汰されてしまいかねない状況になっていくのではないでしょうか?業績検討や対策がとれない企業が今以上に成長ができるのでしょうか?毎月巡回監査を実施していく中で、社長様方に今月はこのような業績でしたとご報告させて頂いておりますが、会計データがそこで結果としての数値だけで終わってしまっていることが多くあります。決算にしてもしかり、決算が終了し、申告書ができると銀行に提出、又、建設業などは許可申請の更新のみで役目を終えてしまう。これでは成長する為の資料が無駄になってしまっています。当事務所としましてもそれら会計データを継続MASというシステムに使い、関与先様と共に経営計画を作成し、目標に向かって頂ける、業績検討や決算対策も一緒に考えていけるようにしていきたいと思っております。

 自計化については、全関与先に対して八%という状況です。これほど世の中がインターネットをはじめ、コンピュータ化が進んでいる中、低い気が致します。自社の経営に役立って情報を経営者自身がタイムリー(日次ベース)に正確に知ることができるのがFX2による自計化です。他にも給与計算や販売システムの運用をサポートさせて頂いております。月次での監査で試算表ができますが、それは、一〇〜二〇日前の会社の業績です。経営というものは、日々刻々と進んでいるものです。最新の情報を素早くつかみ、経営に生かす。今後成長をするためには不可欠なものになると思います。会計事務所としては、パソコン購入からシステム運用までトータル的にサポートさせて頂いております。

 書面添付につきましては、昨年の八月決算先より可能な限り、実施していくことで事務所が取り組み始めました。適正な申告書を作成することは対税務当局はもちろん、金融機関からの信用、信頼性が高まります。毎月遅れることなく月次での監査を受けていらっしゃる関与先企業様が全て書面添付企業になりうるわけですが、巡回監査とは会計専門家が関与先企業に毎月出向き、会計資料並びに会計記録の適法性、整然明瞭性、適時性、正確性を確保する為、会計事業の真実性、実在性、完全網羅性を確かめ、かつ指導することになっています。したがって、一部記帳代行している、又、領収書をまとめるなど会計記録を確かめるのではなく、作成のお手伝いをしているような関与先企業様は該当しなくなります。書面添付ができるということは、素晴らしい処理、完璧な処理をしている企業でなければならないというのではなく、会計処理の基本さえしっかりできていればよいと思います。なかなか公私共に忙しい中、経理事務をこなしている関与先企業様が多いわけですが、会社が成長していくためには必要な処理となります。その為にも毎月うかがい、指導していくということが事務所の方針にもなっています。

 以上三つのキーワード、KFSの成功の鍵についてご説明させて頂きました。当事務所は、「成功の鍵(KFS)作戦21」を進めていきますので、どうぞ関与先企業様も主旨にご理解を頂き、共に成長の為ご協力のほど宜しくお願いします。

 ※実施にあたりましての詳細につきましては監査担当者まで。

(2000/04/21・**退職者による記事**)