【事務所通信バックナンバー】

新年度開始

 4月といえば新年度、入学や入社など色々な所で新たなスタートがきられます。大きなものといえば、介護保険制度の実施です。各関与先様では対応がお済みでしょうか。マスコミ等で大きく取り上げられているのは、介護認定など介護される側のことが多くです。では誰が保険料を支払うのでしょうか、健保・国保加入者全員でしょうか?そういった対応を企業側が早めにしていかなければならないと思います。40〜64才までの方が保険料を支払うことになり、健保の方では、給与から天引きとなり、企業側の事務手続き増加や経費の増加が見込まれます。また、容器包装リサイクル法も実施されます。これも企業として対応していかなくてはなりません。

 何事もスタート時には苦労するものです。しかし、スタート時にきちんと対応しておけば後が楽になる。スタート時のつまづきは後々まで尾をひいてしまいます。きちんとした対応(準備)を万全にして新たなスタートを迎えましょう。

(2000/03/23・**退職者による記事**)