【事務所通信バックナンバー】

会計事務所とは何業なのか

 私はいつも疑問に思っているのだが、「会計事務所とは何なのか」、「会計人とは何なのか」、「税理士とは何なのか」?

 税理士には、税務業務として大きな仕事がある。  

  • 税務代行
  • 税務書類の作成
  • 税務相談

 こういった権限が与えられているとはいえ、そのほとんどが税務に関してである。確かに税金のこと、コンピュータにデータを入力し、決算や申告するための作業をすることが税理士に与えられた仕事である。一方、税理士をそういう役割の人達だと、関与先である中小企業は見ているのだろうか。三十年前ならいざ知らず、今や、もう関与先が期待している税理士像は大きく違ってきていることに税理士自らが気付かなければならない。

 では、改めて考える。会計事務所は何業なのか。

「斬新なビジネスのアドバイスをする集団である」

 中小企業の経営のサポートこそが会計事務所の本分となっていかなくてはならない。だからこそ税理士と顧問契約を維持し、会計人の関与を行うことで中小企業の経営そのものが成長しなければならないと思う。ここでいう経営の中にはお金のこともあれば、人の問題もあれば、商品開発やマネージメント、税金も含まれる。会計事務所がアップグレードしていくことで、こうした関与先の希望に対応していこうとするのであり、会計事務所は中小企業の経営のサポート業として確立されていかなければならないはずである。経営の判断、決断はあくまでも経営者のものである。会計人がそのディシションの一パーセントでも手伝うことができれば、よりクオリティーの高い経営に結びつくのである。その一パーセントを提供できるか否かで、会計事務所の値段は決まるのであると思う。

 当事務所では、書面添付・継続マス・キャッシュフロー・自計化を通して関与先に上記のようなサービスを提供していきます。

(2000/03/23・荻原秀樹)