【事務所通信バックナンバー】

時代の流れ

 よく、巡回監査時に社長様とお話している中で、「世の中はどうだい」とか、「よそはどうだい」とたずねられます。以前であれば、「良くないですよ」という返答をしていましたが、最近は、「良いところと悪いところが両極端になってきております」と返答することが多くなってきました。時代(世の中)の流れは考えているよりも急速に進んでおり、旧態依然の考え方をしている経営と、流れを敏感にキャッチしている経営とがここにきてはっきり、会社の業績として表れてきているのではないでしょうか?そこから二極化してきているという考えでお答えしています。

 多くの経営者の方の考え方は、今は悪くてもそのうちよくなるだろう的なものがあるのではありませんか?歴史は繰り返すとよく言われておりますが、あのバブル景気というものはこの先あるのでしょうか?あったとしても健全な会社が健全な経営をしていく社会の中ではありえると思えます。今後ますます時代は急速に変化をしていくことになるでしょう。

 私ども会計事務所をとりまく環境についても例外ではありません。国際会計基準導入連結決算、キャッシュフロー計算書、電子申告など今後さまざまな変動があります。当事務所では所長が先頭に立ち対応をしております。このように時代の流れをキャッチし、いかに早く経営に結びつけるかが今後の経営者の課題はないでしょうか?少なくも月次において巡回監査を実施しております。試算表や監査時でのお話で、業績数値をお知らせしております。決算時だけではなく、月次段階での検討をお願いいたします。そのため、私ども巡回監査担当者は日々努力し、正確な数値をスピーディに処理できるようにしているつもりです。また、継続MASというシステムを使い、経営計画をはじめ、業績検討用の資料の作成にお手伝いできるようになっております。相互に成長できるように頑張っていくつもりですので、ご活用してみてください。

 旧態依然の考えの経営は捨て、前向きに元気に頑張る、時代の流れにそった経営ができるよう、各関与先の経営者の方々にお願いしたいと思います。会計数値からのご協力は、全力でおこなわせていただきます。

(2000/02/21・**退職者による記事**)