【事務所通信バックナンバー】

2000年 年頭所感

 日本経済が「大変な危機的状態にある」といわれてから大分時間が経過しました。確かに「金融ビックバン」を端緒に日本はあらゆる分野において変化を余儀なくされ、その変革を迫られております。そして少子高齢化、環境問題、規制緩和、赤字財政等々いずれの分野においても、これから解決すべき難問題が横たわっております。

 我々の税務会計を考えるとIAS(国際会計基準)導入の問題があります。連結財務諸表、連結納税、税効果会計、キャッシュフロー計算等々、今後会計ビックバンと呼ばれる大改正が待ち構えています。ビックバンとは、現在の宇宙の始まりにあたる大爆発のことであります。今、我が国の財務会計及び報告の制度に変革が起こっていることをこの言葉は伝えています。

 こうした財務会計及び報告の制度に起こっている最近の変革は、経済の国際化が一段と進み、会計基準を国際的な会計基準に対応させることが必要になったことを起因しています。私達会計人がこれまでに学んできた会計学の知識をはるかに超えていると言えます。全く新しく学ばなければ解決できない多くの諸問題に遭遇しているのです。会計ビックバンに対応できるように私達は、継続的な研鑽をしていく意志をかため、西暦2000年に臨んでいる次第です。

(2000/01/21・荻原秀樹)