【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 毎月監査にうかがって、お預かりしてくる帳簿。日記帳形式、出納帳形式、伝票形式のものなど、関与先様毎に色々な帳簿があります。今回はある関与先様の帳簿のことをお話しさせていただきたいと思います。

 その帳簿は、いつも汚れています。しかし、私はそれを「汚い」と思ったことはありません。その関与先様では、社長様が経理を担当されています。きっと日記帳をいつも仕事場のそばに置いて、忙しい業務の傍ら、手の空いた時間や業務終了後のわずかな時間を使って、少しずつ記帳されているのだと思います。社長様の真っ直ぐな人柄が現れたような帳簿を見ていると、むしろとてもありがたい気持ちになるのです。そんな関与先様の1ヶ月の事業活動の成果が、「帳簿」というひとつの形にまとまり、それを12ヶ月積み重ねて決算を迎える。数字がその会社の全てを表すわけではありませんが、会社を表すひとつの形であることには違いありません。毎月見慣れた帳簿も気を引き締めて、常に新鮮な気持ちで見なければいけないと思っています。

 入所4年目となり、皆様とのおつきあいも、良い意味でも悪い意味でも「慣れ」てきている頃です。書き上がった帳簿を見ることが多い私たちですが、最初は白紙だった帳簿の1ページ、伝票の1枚が、皆様の努力や苦労によって得られた数字で埋められていることを再認識しなければいけないと思います。

 来年も関与先の皆様の帳簿がより良い数字で埋まっていくことを念願しつつ、また、汚れた帳簿に感謝する気持ちを忘れずに、私自身も一層のサービス向上を目指して監査に臨む所存です。

(1999/12/21・相原愛紀)