【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 今年の夏、「呪縛」という映画を観ました。以前金融機関の仕事に携わったものにとっては興味あるものでした。(今では、その金融機関も公的整理処理中で私が入行した時の支店長と退職した時の支店長が先日逮捕されてしまいました)呪縛というものから逃れることができずに経営を続けていた結果、銀行は破綻していってしまいました。映画のメインは中堅社員の四名がその腐敗しきった銀行をなんとか内部から立ち直していこうという話でした。同じことをずっとこなしていると慣れというものがでてきて、それが当たり前になってしまう、新しいことにチャレンジできない、良いことでも今までがこうだったからと実行できない。そんな呪縛が悪い方向へ導いてしまうのかもしれません。各関与先企業様におかれましては、このような呪縛はありませんか?私自身も少なからず悪い呪縛にとらわれているようなところもあります。 この映画のラストは、4名の社員が悪しき呪縛をとき、再生をさせたという結末でした。関与先様でもこのような社員様がいらっしゃり、会社のちょっとした欠点を忠告してくれる方がいらっしゃる、また、そのような風通しのよい会社となっていますでしょうか。中小企業では、映画の中での4名の社員を社長様自らがならなくてはならないと思います。

 毎年毎年、この一年を振り返ってということでまた今年も悪かったまた来年も悪いかもしれませんが頑張りましょう、などと書かせて頂きました。言うだけでは簡単。実行できるか、できないかは色々な呪縛があり、実際には現状維持─良くはならずに少なからず悪い方向へ向かってしまう。言うだけで自己満足している、これは私の呪縛なのでしょう。来年は各企業様に言うだけでなく、具体的にこれをこうした方が良いのでは、というように映画の中の四名のように各企業様の繁栄の為、呪縛をといて頑張っていきたいと思っております。来年は二〇〇〇年、色々な意味で新たなスタートがきれる絶好のチャンスだと思います。各企業様におかれましても悪しき呪縛をといて、よりよい企業を目指し努力をしていかれることをお願い致します。今年一年、本当にありがとうございました。来年もまた宜しくお願い致します。

(1999/12/21・**退職者による記事**)