【事務所通信バックナンバー】

会計の大改革が始まる

 今年も大変お世話になりました。会計事務所も世界的な流れとして大きく変わりました。国際会計基準を導入せざるを得なくなったためです。それが、注目され始めた背景には、資本市場の国際化があります。例えば、ヨーロッパの企業がアメリカの市場で資本を調達する時に会計基準が異なると、アメリカの会計基準で決算書を作り直さなければならない。これでは、ダブルコストです。そんな非効率を排除するために始めから同じ基準に基づいた決算書を作りましょうというのが、国際会計基準の基本的な精神です。

 現在コアとなる部分がほぼ完成し、証券監督者国際機構の承認を得ているところです。これが承認されると世界の証券市場のお墨付きを得ることになります。日本企業も国際会計基準に準拠した財務諸表を作成しないと、外国での資金調達が困難になっていきます。このため、日本の会計基準が国際会計基準に準拠するよう改正されてきているのです。アメリカとヨーロッパの財務諸表は違うので、これまで買収などは、非常に難しい部分がありました。また、日本企業の財務諸表は、不透明という意味でより一層特異です。98年4月に外為法が改正されて、資本の出入りが自由になったのに日本だけ違う財務諸表を使っていたのではやっていけないのは当然です。世界的な流れとして国際会計基準を導入せざるを得ないのです。それと日本が規制経済から市場経済に変化していく課程で海外取引が増え、相互補完できる会計システムが必要になってきた背景があります。 

 以上の理由で我が町、我が国の会計も大きく変わります。事務所も会員一丸となって対応したい思います。本年もありがとうございました。

(1999/12/21・荻原秀樹)