【事務所通信バックナンバー】

1999年11月

 秋頃は少し上向いてくると予測されていた景気の動向ですが、今年も余すところあと一ヶ月となり、ニュース等でも『1999年を振り返って』という標題で今年一年の締めくくりが聞かれる季節となりました。

 西暦2000年を迎えるということで、当面西暦2000年問題は避けて通れない問題であり、その対応の適不適が、その企業の根幹をも揺るがす一大事に発展していくことは間違いありません。早期取り組みにより成果をあげているところ、1999年11月をもってもまだ不安ばかりを残しているところなど様々です。私達は、この問題を通してお客様に納品した品物、役務の提供などについて万全の責任を持つことを学び、真に顧客のためを考えた企業活動を行っているところはどこなのかを見分ける目を養うことができると思います。西暦2000年元旦、平穏に迎えられることを祈りたいものです。

 さて、お客様を大切にするという観点から考えると、この西暦2000年問題のように企業が責任を持って取り組まなくてはいけない問題もありますが、一方で各事業所等を支えている一人一人の対応の問題もあります。

 私が近頃ある会の会計を引き受け、面倒な伝票払いで買い物をしたところ、忙しい中でも気持ちよくこの伝票を書いて下さり、色々と相談にまでのってくれるお店、少々迷惑そうなお店など、本当に差があることに気付きました。店員さんも忙しい時はあちらこちらに気を配らなければならず、顔の表情も硬くなりがちですが、そのような中でも笑顔で親切に対応してもらったことは忘れられないものとなり、人にも宣伝したり、「次に行く時も絶対あそこのお店」などと、私自身がリピーターとなります。

 このようなことには費用はかからず、誰でもが心掛け次第でその日からでも取り組めることなのです。

 不況という言葉のもとに、日本経済も長いこと苦戦を強いられていますが、発展する企業は益々発展していくというその事実の中には、このような温かく心のこもった対応があるのではないかと感じました。私自身も日々、心掛けたいと強く思うところであります。また皆様方からのご指導、ご鞭撻の程宜しくお願い致します。

(1999/11/19・荻原幸子)