【事務所通信バックナンバー】

OA

 先月情報ネットワーク参入の話題にふれましたが、今月は朗報をお届けします。

 我が国のコンピュータ業界においては『西暦2000年頃までにインターネットを活用する社会的基盤は今日の米国なみに整備され、爆発的な普及期を迎えることになろう』といった予測が盛んになされ、これを裏付けるようにさる八日郵政省は『2000年度の情報通信政策大綱』を発表し、「インターネットの推進」をその中核的事業に据えました。レポートでは副題を「情報通信による日本経済の新生」とし、その第一目標は「世界最先端のインターネット技術の開発」においています。そのひとつを覗いただけでも2001年までに現状の1000倍以上の速度で安全性・信頼性の高いインターネットを実現。さらに2010年までに現在の3万 倍以上の規模のインターネット技術を実現」とあり、意気込みが感じられます。

 このような高度ネットワーク社会が到来するわけです。この波に乗り遅れないように情報ネットワークへ参入していかなくてはなりませんが、普段馴染んでいない世界だけに今日思い立って明日から実行というわけにもいかないものです。何をどこへどう申し込んだら契約成立するのかなど考えたり、探したりしているだけでも波に乗り遅れそう。

 FX2等の自計化システムを利用している関与先の方に――

  1. いつでも(無料で)電子メールを使えるようになる→「電子メールサービス」
  2. インターネットにアクセスし(「@nifty」プラスα)のサービスを利用することができるようになる→「TKCインターネットサービス」
  3. 『TKCイントラネット』への無料アクセスサービス
    • TKC情報センターへ直送伝送
    • プログラム版数チェック
    • OAサプライ用品の発注受付  その他…
    •  

 このようなサービスが提供されます。見慣れたTKC戦略経営者システムメニューからクリック操作ひとつで、即座に最寄りのアクセスポイントにつながり、ダイレクトにその世界に飛び込むことができるようになるのです。

 詳しくは担当者からご説明させて頂きます。この機会にFX等導入を希望されている方には、またとない朗報だと思います。お気軽にご相談下さい。

〈参考〉
『新しい「TKCネットワークシステム」の開始と関与先さん向け「TKCインターネットサービス」のご案内』
日本経済新聞(平成11年10月15日金曜日)『ニフティ活用し最大の会計ネット』

(1999/10/21・荻原幸子)