【事務所通信バックナンバー】

翌月巡回監査率100%

 翌月巡回監査率100%。どういうことかと言うと、例えば10月の会計データは、遅くも翌月の11月には監査を終え、データ処理が完了しているということです。当事務所でも会員となっておりますTKCのとある会員会計事務所では、恒常的にこの数字を守っておられるそうです。当事務所でも、小規模の事業者の皆様を除いては、原則毎月監査に伺い、試算表を作成しております。しかし、100%という数字と比べると、恥ずかしい話ですが、私の翌月巡回監査率はまだまだ低いと言わざるを得ません。

 関与先の皆様には、毎月貴重な時間をさいていただいているわけですから、いただいた時間の中でできるだけ精密な監査を行って、より早く正確なデータをお届けする。会計事務所の根幹となるサービスですから、本来100%という数字は当然のことなのかもしれません。諸事情により会計処理が遅れがちになることもあると思いますが、そんな時は私たち会計事務所の側から会計処理を進めていただくよう、積極的に働きかけていかなければならないのだと思います。会計業務は、企業にとって主たる業務である営業、製造、販売等の業務に比べて、時間をさきにくいところであることは、会計事務所としても重々承知しております。それだけに「会計処理を早く進めて下さい」とこちらからお願いするのは少し心苦しいところもあるのです。組織がある程度大きくなれば、経理部や経理課を設けて経理の専門の担当者を置くことができますが、多くの関与先様では、いくつかの業務を兼任していることがほとんどです。特に社長様が経理をされている場合、社長様のお立場は、役員であり、現場の労働者でもあり、営業マンでもあり、また総務事務の担当でもあるという想像を超えた激務であると思います。

 そんな状況を知っているからこそ、経理事務の「お手伝い」をしてしまいたくなることがあります。しかし、会計事務所の業務はあくまでも、会計処理が正しく行われているかどうかを「監査」するというところにあります。ただ、そこで経理事務の「お手伝い」をしてしまうと「監査」する人がいなくなってしまうのです。だからこそ毎月うかがう度に「記帳して下さい」「この部分は改めて下さい」などと口酸っぱく言うのです。「お手伝い」したいのはやまやまですが、それよりも関与先様自身に経理方法を覚えていただいて、「監査」に専念する。会計事務所を今以上に有効にご利用いただきたいのです。単なる事務作業の代行という形では毎月の顧問料の費用効果も薄くなってしまうのではないでしょうか。

 私自身も、段取りが悪かったり、日程をうまく組めなかったりして予定を変更していただくことがあります。なんとか全ての関与先様に毎月確実にうかがいたい。そう思って久しいのですが、日々の忙しさにかまけてなかなか達成できずにいます。今後も皆様の御協力をいただきながら「待たれる監査人」になれるよう日々の努力を忘れないようにしていきたいと思います。

〈参考文献〉『TKC』1999年9月号
(1999/10/21・相原愛紀)