【事務所通信バックナンバー】

時間と場所を超えて―情報ネットワーク参入

 今月は、『戦略経営者154〜インターネットの波に乗れ』のページをのぞいてみます。

 最近、新聞紙上でもインターネット、ホームページ、EC(電子商取引)という言葉が毎日のように飛び交うようになりました。情報大国アメリカでは、98年秋から年末にかけて電子商取引(EC)が一挙に花開き、インターネットの世帯普及率が30%近い現在、本格的にECビジネス時代に突入したとのこと。

 一方日本では、平成10年度におけるインターネット世帯普及率は11%に達し、およそ七人に一人がインターネットを利用した計算になるということです。

EC(電子商取引)のメリット

  1. 店舗スペースや立地条件などが関係ない
  2. パソコン一台から開業ができる
  3. 24時間、年中無休の営業ができる
  4. 対象顧客の地域

 インターネット、ECなどと聞くと何か気後れがしてしまうことも事実ですが、この4つのメリットにはとても魅力を感じます。新規開店となった頃のコンビニエンスストアの24時間営業には驚きましたが、今や人々のニーズは、24時間フルタイムということも常識となってしまっています。また、設備投資面でもかなりの額がかかるのではと思ってしまいがちです。

■久米繊維工業株式会社〜Tシャツ販売
 月5万円のレンタルサーバー代
 (推測40万円位)パソコン1台
      ↓
 95年ホームページ立ち上げ
 ※現在ホームページ上の年商は4000万円以上!
 URL http://www.t-galaxy.com/

■珈琲の王国「Beans510」
 96年ホームページ開設
 <ランニングコスト>
 レンタルサーバー利用料金
 ショッピングモールへの支払
      ↓
 合計しても月5000円程度
 ※年商2000万円のうちネット経由が7割を占めている
 ※アルバイトが不要、新店舗不要、在庫も不要
 URL http://www.beans510.com/

 このように今やECはとても手軽なものになってきているようです。それでもまだまだインターネット、ホームページ、ECなどは少し身構える言葉と感じますが、2002年頃には、ネット革命の波に乗れたところと、そうでないところの格差が大きく開いてしまうということです。この波に遅れないよう、今から少しずつの準備が必要となってきます。

 荻原会計事務所でも皆様のご質問等にも積極的に対応出来るように、本年はインターネットへの精通、Eメールアドレスの活用等を目標に掲げてまいりました。様々なご要望にお応えしていきたいと思いますので、どうぞ事務所までお申し付け下さい。

 また、今年度中にホームページ開設を目指して只今企画・検討中です。本年もあと3ヶ月余り。みんなの総力を結集して頑張りたいと思っています。

 最後に『戦略経営者』に紹介されていた(株)日比谷花壇のホームページのご紹介。明治5年創業という花屋の老舗(株)日比谷花壇が「男性需要をECで開拓しよう」と出したホームページ上の仮想店舗を訪ねてみて下さい。私もその画面の美しさと構成の素晴らしさに目を見張りました。

(1999/09/21・荻原幸子)