【事務所通信バックナンバー】

経営方針

 我が国の多くの中小企業の方々は、自分でただ漠然と経営しているだけあって経営方針を立てる事をしない方々が多いですが、それでは駄目です。私なりに口やかましく申し上げている事なのですけれども、実は、この経営方針の確立に運命がかかっているのです。文章の巧拙さはどうでもいいですから、その経営方針を必ず文章化し、それを刷って従業員に渡す、という態度をとる。こういう方針書をつくってあるかないかで、実は、意外なほど経営の運命を決める要素を持っているのです。そこのところをよく了解して頂きたいと思います。

 自利利他の実現を本気で考える者とそうでない者、多くの経営者は何とかして機会をみては儲けようと考えている。

「自利とは利他をいう」
「本当の自分の利益、自利とは利他をいう」

 これは、約千二百年前に比叡山を開設した伝教大師が言った言葉です。伝教大師は、本当の自利とは、自分の利益ですが、それは利他をはかる事だというのです。徹底して人様の為にと割り切っていってこそ、利益が初めて返ってくる。伝教大師から教わるところは多彩であると思います。

「利他に徹すると経営は無限に発展する」

 これはアメリカの有名な財閥のモルガンが言っています。ご承知かと思いますが、モルガンという財閥系の六つの会社の売上金額は、日本の国家予算よりも大きいのですから、いかに大きい財閥なのかが分かります。しかし、今日では世界の財閥のモルガンですが、青年時代は貧乏でした。彼は、二十代の頃香港で嗅煙草を売っていました。ある日のことモルガン青年の所に乞食に近いような女性が煙草を一個買いにきたそうです。彼は、「この人の煙草以外は一生涯買わない」と女性が思い込むくらいの素晴らしい親切さと快適さで売ったといいます。よほど快適な気持ちの良いあしらい方をしたのだと思います。お客様に生涯の選択をさせるほどの快適さというものを与えるようなムード作りをやってもいいのではないか。彼は、いかなる場合においても常に無制限にお客様が増えたといいます。そして気が付いた時には、一生涯のうちに世界最大の財閥になっていました。日本にも「塵も積もれば山となる」や「一銭を笑う者は一銭に泣く」という諺がありますが、やはり財を成す人間は心構えが違うのだな、としみじみ思った次第です。

 「同行二人」の教えるもの。同行二人というのはご承知のように、四国のお遍路さんの笠の裏側に書いてあるものだそうです。同行二人、お前は一人で行くんじゃない。お前と実は旅を行くもう一人が目には見えないがいるんだ。そのことを考えよう。我々は五体の己ともう一つ本来の己が一緒にいるんだ。その本来の己というもの、真の自己というもの。釈迦が青年時代に自己同一性つまり、一瞬間前の己と一瞬間後の己とが同一である為には、自己同一性という角度から眺められた時にどこに本当の自分がいるのか追求し、追求した結果、とうとう悟ったのであります。その悟りは要するに自分の心の中にもう一つ心がある。これが無心というもの、仏というものである。人間のギリギリの無心というものは、実はそれ自身が偉大なる宇宙の生命そのものであり、それは仏そのものだと。だからお遍路さんは「同行二人」という笠をかぶっているのではないか。常にもう一人、本当の自分というものを抱えながら歩いている、同行二人なのだと。

 そこで我々は、経営というものに従事しながら、本当の己に目を見開いて生活していくべきだと。この事は皆様にとって縁のないようで、実は、決め手になる問題ではないかと思います。

(1999/09/21・荻原秀樹)