【事務所通信バックナンバー】

インターネット考察

 先頃某電機メーカーの苦情対応の悪さについて腹を立てた男性が、自ら作成したホームページにその電話応対の内容を実際の音声で載せて話題になりました。この「いち消費者」が投げかけた波紋は思いのほか大きく(ホームページ開設から約一ヶ月で数十万件ものアクセスがあったそうです)、新聞・テレビ等の各メディアでも盛んに取り上げられました。インターネットというメディアを使うことで、「個人」が「企業」を相手に対等に戦えるくらいの力を持てるようになったのです。現在このホームページは閉鎖されてしまっているようですが、インターネットというメディアの持つ影響力の大きさが実証された形となりました。

 今や駄菓子でさえもインターネットで買う時代。子供の頃、十円玉や百円玉を握りしめて駄菓子屋に走ったことを思い出すと、現在のこんな状況に少々違和感を覚えることも確かです。情報を収集する、音楽を聴く、買い物をする。便利でいろいろな可能性も感じさせてくれる反面、知らない誰かと知らない同士のまま会話をするのはネット上では日常茶飯事ですし、毒劇物が平然と売られていたりもします。薄らいだ現実感がインターネットの世界で「普通」になって来つつあるのです。時に私たちはこのインターネットというメディアに対して、非常に冷静な姿勢で臨まなければいけないのかもしれません。

 小さな画面の向こうに広がった無限の世界。果たして私たちに何をもたらしてくれるのでしょうか。

(1999/08/19・相原愛紀)