【事務所通信バックナンバー】

企業格付―その2

 先日このNETWORKで書きました金融機関による企業格付ですが、巡回監査その他関与先企業からの問い合わせなどから、かなり進んでいるという印象を受けます。そこで今回も、もう少し企業格付について書かせて頂きます。銀行の貸し渋りや回収は、単に企業の業績が悪いから金を貸さないというものではなく、金を貸せなくなってしまったという環境になったことが大きいのです。

 以上が貸し渋りのメカニズムとなっています。企業格付さえある程度良ければ、融資は受けられるということが分かります。

 では、ある程度売上も伸び利益も確保できる、いわゆる右肩上がりの経済というのが今後望めない会社は、今日どのようにすれば格付が維持、又は、良くすることができるか。

  1. 「どんぶり勘定的経営者」や「経営・計数管理能力のレベルが低い経営者」は融資が受けられない可能性がある
  2. 企業格付が中位ぐらいでも低下する可能性があるので、経営計画書の提出が必要
  3. 良質な決算書の提示
  4. 三ヶ月に一度は試算表を提示
などが挙げられます。したがって、何度もお話をしているようですが、月次での巡回監査が必要です。またその中でも月次単位で決算が行われているような質の高いものが要求されてきます。当事務所の監査担当者も日々努力し、レベルの高いものをと追求しているところです。各関与先様におかれましても、日々の現金管理から始まり、実地の棚卸、その他多くの会計処理を適法にする必要性が求められてきます。そのことが今後、銀行の選別融資への対策へとつながりますし、税務調査等にも備えられるということになります。

毎度毎度の言葉になってしまう訳ですが、右肩上がりの成長経済が望めない中ではありますが、共に頑張っていきましょう。

(1999/08/19・**退職者による記事**)