【事務所通信バックナンバー】

企業格付

 「格付け」最近この言葉を多く耳や目にします。外国の格付け会社が日本の金融機関などを格付けランク分けし、会社の安全性を格付けしています。また車の安全性も格付けしているコマーシャルなどもあります。

 さて、この格付けですが、私たち中小企業にも大きな影響を与えることとなりそうです。多かれ少なかれ、金融機関との取引はあると思います。さらに、運転、設備資金の為、融資を受けているという企業が大半ではないでしょうか?その融資先を金融機関が格付けしているのです。私も銀行に勤めていた頃、融資先の審査やチェックリストの作成をしていましたが、現状の企業格付けは、以前と比べ厳しいものになっております。何故このようになったかと言いますと、金融機関に対して自己資本比率を8%以上(国内業務では4%)クリアしなくてはなりません。その為、自己資本を増やすか、総資産の大半を占める貸出額を少なくするしかありません。その貸出額をランク付けし、評価が低い債権額については、強制的に貸倒引当の計上をしなくてはなりません。そうしますと、利益が圧縮し、自己資本の低下がおきてしまう。その為、貸し渋りや貸し出し回収が行われ始めています。現状は貸し渋り対策のため保証協会付の融資が行なわれ、貸し渋りは解消されているわけですが、今後、直接銀行などから借入をする場合には格付けがありますので融資が全く受けられないという可能性がでてきます。

 その対策の為にも毎日きちんとした巡回監査を受け、会社の状況をよく知って頂き、色々な格付けアップする対策を取って頂きたい。また、当事務所で提供しています継続MASにおいて、経営計画を立て、企業努力の具体策をまとめて頂きたいと思います。TKCの関与先でこの経営計画書提出により、格付けがアップし、融資が受けられたという例もあります。また、当事務所には企業格付診断システムがあります。自分の会社のランクはどの位か知りたいなどのご希望がありましたらお申し付け下さい。よりよい経営を目指して、少しでもお力になれればと思っております。この不景気の中ではありますが、共に頑張っていきましょう。

(1999/07/22・**退職者による記事**)