【事務所通信バックナンバー】

日々の起票

 いよいよ猛暑到来となりましたが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃のご厚情に心より感謝申し上げております。

 さて私事で恐縮ですが、6月から事務所の経理を担当することになりました。久しぶりに「日々の記票」に向き合うと、色々なことが見えてきます。今まで単に通信交通費○○○円としか私の目にとびこんでこなかった数字が実は様々な要素から構成されていたことに気づき、初めて請求書を見ることで、同じ電話代といってもずいぶん色々なところに支払いをしていたのだということが分かります。請求書を丹念に確認することで、経費の見直しにもつながります。また、仕入関係の請求書等も再確認することで誤って請求されているのを発見したり、ということもたまにはあるものです。

 そして何よりも売上高の計上の時には、私共の仕事に対して、これだけの対価を払って下さる関与先の皆様に感謝の気持ちでいっぱいになります。そして月次請求業務から入金の確認まで、当月も間違いのなかったことに安堵します。また、給与の仕訳の時には、毎日労苦を惜しまず、頑張ってくれたスタッフの面々に感謝をしながら振替仕訳を計上。150足らずの仕訳数ではありますが、一つ一つを計上していくこの作業により、事務所の全体像が浮かび上がってきます。

 新規で見えるお客様の中には会計事務所に段ボール箱を持ち込み、その中に領収書の山、売掛・買掛の資料の山積みで、「全部をよろしく」というスタイルを希望される方もいらっしゃいますが、私達はそんな方とは契約不成立。地道に一歩一歩、自分の会社の過去を見つめ、現在そして未来を丁寧に考えて下さる方々の応援を、と思っております。今、関与させて頂いている事業所さんは、ここのところをご理解頂き、車の両輪で共に進んでいける方達ばかりなので、心から感謝しております。

 もう一つ宣伝させて頂けるならば、会計事務所内には、請求書発行業務《FMS(SX2)》、財務(FX2)、給与(PX2)更に、未来予測のために(継続マス)と四つのソフトを展開し、体制を強化しています。それぞれのシステムが連動し、例えば給与システムで発生した仕訳が自動的に財務(FX2)データに流れるなど大変効果的な仕組みとなっています。全て関与先の皆様にお使い頂けるシステムですので興味を持たれた方は、巡回監査担当者にお話し下さい。

 今月は、お忙しい中を毎日経理事務に時間をさき、日々の記票をやって下さっている方々に感謝の気持ちを込め、思ったことを書かせていただきました。

(1999/07/22・荻原幸子)