【事務所通信バックナンバー】

色のメッセージ

 私たちの身のまわりには様々な色が存在します。また最近ではカラーコーディネーターの資格が注目されるなど色に対する社会の認識も深まってきています。

 色が私たちに及ぼす影響についてこんな実験があります。あるスーパーで同じヨーグルト製品を白い容器と黒い容器に入れて試食してもらったそうです。結果は「白い容器の方が美味しい」と答えた人が圧倒的でした。その理由として「白い方がまろやかでさっぱりしている」「黒い方が脂肪分が多い感じがする」などの答えが寄せられました。

 色の違いは人間の味覚にまで影響を与えます。同じように普段私たちが着用しているスーツやネクタイの色も、私たち自身のメッセージとして相手に伝わっていくことでしょう。

 公私を問わず人との関わりの中で生きているのが私たちです。どんな時でも自分を客観的に見つめ、個性を表現していきましょう。

〈出典〉『職場の教養6月号』倫理研究所発行

(1999/06/23・荻原幸子)