【事務所通信バックナンバー】

今加入している生命保険、内容はご存じですか

 現在、会社や個人で生命保険に加入しているのは当然のこと。しかし、その保険の内容はというとお付き合いで入ったから、仕事の関係上から、などの理由から全く理解されていないケースが多くあります。かくゆう私も現在ファイナンシャルプランナーの通信教育を受けている関係上、自身の保険について最近になって調べ、やっと理解できたというのが実状です。加入して十年も経つのに…。

 そこで内容を理解してビックリしたのが、42才で定期部分(2千5百万保障)が無くなるという内容。42才といえば男の厄年。一番保障がいる時にそれが無くなってしまうということで早速、見直しを実施しました。思えば、この保険の加入もお付き合いぽいものでした。20才の時、銀行の新店舗で働いている頃、日本生命の外交員さんと知り合い、保険加入を条件に新規の口座を何口か紹介してくれるといういわゆるバーター取引で加入したものでした。当然内容はあまり気にせず、保険料が安ければという考えでした。(その当時は手取7万位) 

 関与先様でも会社で加入している保険、役員・従業員個人で加入している保険、内容が分かって加入なさっていますか?ムリ・ムダな保険はありませんか?ぜひ一度会計事務所を利用して保険のチェックをしてみて下さい。分かりやすくご説明できる資料提供をさせて頂きます。会社はもちろん個人の保険でも構いません。証券のコピーでチェックをさせて頂きます。

 先日、ある保険会社が倒産というニュースが流れました。その後、監査をした数件のクライアント企業様と保険の話をしましたら、ぜひ見直しをして欲しいとの要望があり、現在も何件か見直しをしているところです。クライアント企業はもちろんですが、その企業に勤めていらっしゃる従業員の方々の繁栄なくして会計事務所の繁栄はありえませんので、そういう立場からも会社をはじめ個人の保険の診断をさせて頂ければと思っております。気軽に利用してみて下さい。詳しくは、監査担当者まで。

(1999/06/23・**退職者による記事**)