【事務所通信バックナンバー】

企業防衛

 毎朝、事務所のFAXを通じて流れてくる資料があります。CMA研究会―資金会計の理論―です。今、行われている制度会計の利益は、税金計算の基準になる数値にすぎない、という考え方から本当の意味での企業の利益とは何か、納得できる会計とはどのようなものかを追究している研究会です。実際、「勘定合って銭足らず」とはよく言われている言い方で決算が終わって当期利益は黒字であったが、手元にはまったくお金が残っていないというケースはよくあります。これを数字の面からもわかりやすく説明するのが、キャッシュフローを中心とした資金会計の目的です。

 現行の制度会計は、資金繰りを全く無視しているため、企業の「財政状態」「財務体質」の判断がつかず、資金不足の本当の原因がわからないということを鑑み、企業の真の姿を知ることを目標としています。一生懸命節税対策をとって税金は減ったが、企業に残るお金はなかったということも多いと思います。一頃と違い、貸し渋りにも負けないような強い財務体質の会社をつくることも企業には求 められています。そんな中で、企業の財務体質強化を考えに入れて生命保険について考えてみます。生命保険の加入というと少々暗いイメージがつきまとい、その理由としては、保険金額が負担である、不慮の出来事を考えるなんて縁起でもない、などがあげられます。しかし、生命保険商品を買うことを―未来資金を買う―と考えてみたらどうでしょうか。未来とは生命保険契約成立直後をさします。未来=被保険者死亡にならないということです。

  • 契約成立数年後で、解約返戻金が支払保険料を上回る。
  • 解約返戻金の8割まで契約者貸付が受けられる。
  • 積み立て配当金が自由に引き出せる。
等のメリットのある一時払い終身保険を考えてみてはいかがでしょうか。今までこの保険は、相続対策、資金に余裕のある人向けに考えられてもいましたが、キャッシュフローを考えた時、資産勘定に経理されたこの保険金が、現在資金も未来資金も確保したという効果をもたらすことになってきます。

 興味のある方は、巡回監査担当者または、会計事務所までお問い合わせください。

(1999/05/21・荻原幸子)