【事務所通信バックナンバー】

税理士のサービスの「質」はどうやってわかるの?

 即席ラーメンの袋には、原材料、内容量、賞味期限などが記載されている。価格もどこかに必ず表示されている。これらは記載商品として流通するために、消費者にとって必要な事前情報である。しかし、これらの記載ではその商品の一番重要な質は分からない。その質とは「味」である。味は食べてみないと分からない。とはいえ、ラーメンの場合は大量生産、消費されている商品なのでラーメンを買ってからその味を理解し、その人がまずいと感じたら次に違うラーメンを買えばよい。比較はすぐ出来、まずいラーメンは市場から消えていく。つまり、あるラーメンの価格および質は基本的に均一であり、また他のラーメンへの代替可能な自己責任に基づいた自由な市場が成立している。ところが、税理士のサービスの場合はどうか。

 税理士と表示されていることから、ラーメンと同様に商品名は国民から分かる。税理士という商品を選択しても、そのサービスの質は均一ではない。さらに専門家のサービスの質は、その専門家の人格とサービス内容が不可欠である。税理士にとってみれば、専門家一人一人のサービスの質は分かりにくいということになる。税理士のサービスは、依頼するに必要な事前情報開示制度もないため、その質は不明瞭であり、料金も均一でない、他の税理士への代替不可能、などの点から自由な市場自体が成立していない。政府は自由な市場が成立しているラーメンのような商品の世界と、成立していない税理士業会を同一視して『公正で自由な市場の実現』を強引に目指している。このたびの規制緩和では税理士業会にとっては、かなりの混乱が予測される。

(1999/05/21・荻原秀樹)