【事務所通信バックナンバー】

雑感

 右肩上がりの経済成長の時代を終え、世の中は今構造不況等の問題も抱えながら、新しい活性化の道を模索しています。会計事務所の業務も節税対策から利益内部留保を図り、企業の体質を強化する手助けへとシフトしていきました。この貸し渋りの時代にあって、借りたい時にいつでも借入の出来る決算書を作る(経営内容を整え、企業としての体力を整える)ことは、重大な使命となってきました。幸いなことに、TKCシステムによる決算書をはじめとする一連の書類は金融機関においても大変評判が高く、そのような方達から寄せられるお褒めの言葉は私共の日常の業務展開の上でも、たいへん励みになっております。

 5月決算にむけて活気づく時期ではありますが、『中小企業に対する金融機関の選別融資への対策』等をはじめ、皆様に有意義に感じていただけるプレゼンテーションを用意しております。興味をお持ちの方は是非お声をかけてください。

(1999/04/23・荻原幸子)