【事務所通信バックナンバー】

ご覧いただいていますか?―巡回監査実施報告書

 先月辺りから巡回監査にうかがった際にお渡ししている「巡回監査実施報告書」は、ご覧いただいていますでしょうか?その月にチェックした項目や、今後改善していくべき点を書いてお渡ししているものです。これまでも気づいた点などはお話しさせていただいていましたが、それだけではお互いに覚えていられないこともあるため、報告書という形で記録に残して次月からの経理に役立てていただこうというものです。

 この報告書のチェック項目や改善点をご覧いただきながら、経理業務を進めていただければ毎月の試算表もより正確で経営の指標として使えるものができあがると思います。その積み重ねである決算も完全なものになりますし、会計事務所としてもより企業の信頼性を高められる決算書づくりに役立てていきたいと考えています。

 そう考えると毎月一度の訪問の時間は、非常に貴重なものだと思います。訪問一回で2〜3時間が限度ですから、もう少し時間があれば、と思うことがよくあるのですが、この報告書を活用して少しでも内容の濃いサービスを提供できるようにしたいと思います。経理ソフトや経営計画の策定と業績検討のツールなどを用意していることは、以前にも何度か紹介させていただきましたが、私自身としてはこれらのツールはまだ皆様に十分提供できていないというのが実状です。ただこれらのツールを使っても、日々正確な記帳がされていなければせっかくの試算表も経営計画も画に描いた餅になってしまいます。

 私も入所して3年になりますが、「より付加価値の高いサービスを」と考える一方で、基本業務である監査や記帳指導の重要さをもう一度見直さなければいけないと思っています。「巡回監査実施報告書」などと少々いかめしい名前が付いていますが、難しいことを書いているわけではありません。日々の経理業務や税務に関する基本的なことがほとんどです。経理担当者だけでなく、社長さんや役員の方にも是非ご覧いただきたいと思います。

(1999/04/23・相原愛紀)