【事務所通信バックナンバー】

神話崩壊

 社会人となり、この4月で12年目に突入いたしました。その矢先、4月初旬、寝ぼけ眼で開いた新聞に、社会人生活をスタートさせた銀行の破綻という記事が飛び込んできました。多くの先輩後輩がまだ勤めている銀行、善かれ悪しかれ、いろいろ社会人として勉強させていただいた会社が無くなるかもしれないというショックを受け、それから少し気分が沈みがちな今日この頃です。私が銀行を選んだ理由と言えば、第一に倒産しないということがありました。ある種神話と言われ続けたことです。その神話がこのバブル崩壊後の景気低迷を続ける日本経済の中では、脆くも崩れていきました。

 潰れない神話のもと、絶対大丈夫ということが無くなりつつあります。皆様方の取引先ではいかがでしょうか。この先は大きいから、しっかりしているからという神話のもと、何の疑問もなく取引を続けているのではないでしょうか?この低迷を続ける景気化だからこそ、ある程度の対策を講じておかなくてはならないでしょう。「転ばぬ先の杖」(保全)は必要不可欠な時代です。

 では、どのようにすれば良いのか?いろいろありすぎてどれから手をつけるかを迷ってしまうということがあるかもしれません。そこで毎月巡回監査を実施し、会社の内容をある程度把握している会計事務所に気軽に相談してみて下さい。当事務所では関与先様のあらゆるリスクから守るための商品、ノウハウを構築しているつもりです。関与先様の問題にベストな対応ができるものを、お薦めできるのではないかと思っております。また、関与先様からのご提案により、よりよい商品、ノウハウができる可能性もあります。どしどしご相談、ご提案していただきたく。

 世の中の流れでは、情報公開(ディスクロジャー)が進んでおりますが、一部企業だけでしか行われておりません。公開が進む中で、あの会社はフタを開けてみたらこんなだったなどということがあるかもしれません。それからでは遅いのです。もう"絶対"という神話は通じません。「転ばぬ先の杖」。この対応が必要不可欠なのではないでしょうか。

(1999/04/23・**退職者による記事**)