【事務所通信バックナンバー】

雑感

 確定申告も終わり、ようやく一息付けるようになりました。

 会計事務所は、12月から年末調整のため忙しくなり始めます。1月は引き続き年末調整事務に追われます。2月は12月決算法人の申告書作成・提出と15日からはいよいよ所得税の確定申告が始まります。年末・年度末は、会計事務所に限らずどこでも忙しいのでしょうが、冬になると何となく気ぜわしくなり、3月15日を迎えると春が来たんだなと感じるのは会計事務所独特の季節感ではないでしょうか。

 4月は2月決算法人の決算書・申告書の提出月です。続いて5月は3月決算法人、というようにまた通常業務に戻っていくわけですが、法人の決算はその決算月によって提出期限が違うため、ほぼ毎月が決算書・申告書の提出月となります。当事務所の場合は、提出月でないのは1月と3月だけです(11月と1月の決算法人がないため)。それでも1月は先ほども書いたように年末調整関係の書類の提出期限ですし、3月は確定申告書の提出月となっているため、一年を通して必ず毎月が書類提出の期限となっているのです。毎月決算を迎える度にもう一年経ったのかと思うのですが、そういう毎月の積み重ねで考えていくと一年はとても早いものです。

 決算を終えるとまた新たな気持ちで監査に臨むわけですが、毎月そのような気持ちが味わえるというのは非常にありがたいことだと思っています。年度替わりのこの時期、特に企業活動においては色々な新しい局面を迎えることが多いと思います。私自身も常に自分の風通しが悪くならないよう、またいつも新たな気持ちで仕事に取り組めるよう心がけていきたいと思います。

(1999/03/23・相原愛紀)