【事務所通信バックナンバー】

この機に見直す保険の全て

 確定申告期に皆さんのご協力をいただき、ありがとうございました。

 この時期に皆さんも書類の準備等で忙しい思いをなさっていると思いますが、発想を転換しますと、業績面、経理面で具体的数値をもとにじっくり考える機会をもてるすばらしい時期ともいえると思うのです。また、控除証明書のハガキの山に目を通す時、今までぼんやりしていた多くのことが、はっきりしてくると思うのです。

  1. 自分が入っている生命保険の掛け金は、全部でいくらか?
  2. 何年も前に入ったが、保障は充分か?
  3. 受け取り人は誰?
  4. 損害保険はあらゆるリスクを想定して厚くカバーしているか?
  5. 地震特約はついているか?増築部分に対応しているか?

 次々と湧いてくる疑問。そんな時こそ一覧性をもたせた自分のリスクマネジメント台帳を作るよいきっかけなのです。契約内容の見直しによる掛け金の節約(外交員さんが勧めるのは手数料の高い保険といったことも耳にします。本当に自分に合った内容を見直してみましょう。)自分を取り巻く環境の中でおこる様々なリスク。そのすべてに保障内容が見合っているかなども検討してみる必要があります。

 また、政府が全額出資している中小企業事業団というところでやっている『小規模企業共済』というのも、いざという時役立つ制度なのでお薦めしています。これは、小規模企者が退職等した場合、その後の生活の安定のため、または事業の再建のための資金をあらかじめ準備しておくいわば「事業主の退職金制度」といえるものです。節税効果もかなりあります。詳細が必要な方はご連絡ください。

 当所では、いつでも皆様方のご相談をお受けしたいと考えておりますので、巡回監査担当者までお知らせください。

(1999/03/23・荻原幸子)