【事務所通信バックナンバー】

確定申告を終えて

 確定申告期間中は、皆様方に並々ならぬご協力をいただき、まことにありがとうございました。3月15日無事任務を終わらせていただきました。

 私の場合、器も小さいため、期間中はそのことに没頭してしまい、季節の移り変わりも目にはいりません。

梅一輪 梅一輪ほどの あたたかさ
とは、古来より句にも詠まれておりますが、梅が咲き始めたと思うところで映像は途切れ3月16日の風景は、梅は散り、枝にわずか残すばかりとすっかり変わっているのです。「えっ、いつ咲いちゃったの?」 と驚いてしまいます。

 今年の確定申告では、平成10年4月にLANを導入しているので、6台のコンピュータを結び処理速度を高めることができました。データを共有できるので、自分の机上のパソコンに必要な時、必要なデータを呼び込むことができます。パーソナルコンピュータもたいへん便利になり個人の情報等をたくさんインプットすることができますが、そうする結果個々孤立したシステムになりがちです。その点ネットワークで結ばれているコンピュータは、ある人の研究開発データを他の人が、自然に読み込むことができるのです。私共の事務所のデータベースには共有というディレクトリがあり、今年の確定申告では、このディレクトリをみんなで有意義に使うことができ、とてもよい成果が出せたと思っています。開発した人の喜び、有意義に使えた人の喜び、これは一つの輪をさらに大きく広げていくことだと感じました。

 日本経済新聞最終面の『私の履歴書』を楽しみにしていますが、折しもこの期間、富士通名誉会長の山本卓眞氏の筆を読んでいます。1945年8月14日夕方、満州にてソ連軍の侵攻の報を聞き、急遽編成された「若楠特攻隊」。「隼」への爆弾装備を終え、出撃指示を待つばかりだったところ、どんな運命のいたずらか、そのまさに翌日、日本はポツダム宣言を受諾。

「諸君らにはこれまで、国のために死ね、と教えてきた。しかし、今をもって命令を変える。死んではいかん。なにがなんでも生きて帰り、祖国の再建に尽くせ。」  動揺する若き特攻隊員を前に、島田安也部隊長は毅然とした態度で最後の訓話をした。 通信、コンピュータ、半導体という新しい産業の知識を必死に吸収し、時に失敗に失敗を重ねながらも少しずつ前進させ、ついに最高水準までたどり着いた。
〜本文より引用〜

 話はこんな初回の導入から進み、コンピュータに関する知識もなくスタートして開発に苦労を重ねた話、やっと日興証券と商談成立、日本初のデータ通信システム「FACOM323」を納入、しかし、システムが動かず大騒動に発展など、とても今の富士通からは想像できないような話が綴られています。

 昭和27年「コンピュータ部門新規参入」を決めて以来、試行錯誤の末にうち立てられた世界最高水準という評価。どんな偉大だと思うものの陰にも、このように必死に成功めざして積み重ねる日々というものがあるものだと実感しました。そして次の言葉に励まされました。

「今の日本全体を覆う自信喪失はいったいどういうことだろう。経済が悪いと嘆くが、犯罪が急増したわけでもない。日本には営々と築いた分厚い蓄積もある。今の経済低迷や閉塞感など一過性のものだ。もう高度成長の夢は二度とこないかもしれないが、健全な成長は十分可能だ。すぐに目先のことを考えて、いたずらに暗くなりすぎだ。
 こういう時にこそ、日本人が、日本が長期的な視野に立ち、それぞれの戦略を腰を据えて考えるべきだ。」
〜第1回より引用〜

 この原稿を書いている今現在、まだ連載は進行中。先が楽しみです。

 景気も秋頃からは上昇といわれている本年を再び出発の年ととらえ、確かな戦略を立てていければと感じています。そのために事務所としてお力添えができれば幸いです

(1999/03/23・荻原幸子)