【事務所通信バックナンバー】

記帳指導セミナー

 去る2月4日、当事務所におきまして、記帳指導セミナーを開催いたしました。今回のセミナーは、設立して数年、経理担当者が代わった、会計日記帳をご利用いただいている等の条件に該当する会社様を中心に声をかけさせていただきました。

 当日は5社7名の方々にご参加いただき(お忙しいところ足を運んでいただき、ありがとうございました)、2時間強の時間で、記帳のポイントの説明と現金取引の事例を上げて実際に会計日記帳に記入しながら講習を進めさせていただきました。私のつたない説明で、どこまでご理解いただけたか少し心配しておりますが、第2回、3回と開催を予定しておりますので(4月と6月の予定)、より多くの皆様にご参加いただけるようお願いいたします。

 記帳については、毎月担当者が巡回監査に伺った際にもお話しさせていただいてはおりますが、私自身なかなか細かいところまで触れられないのが、気にかかっておりました。帳簿というのは、社外の人に見せるということはそうそうあるものではないので、どうしても、経理担当者だけがわかる、あるいは会計事務所の担当者だけがわかるという書き方になりがちです。領収書が貼ってあって、金額だけ記入されている。確かに当事者からすれば、日常的に発生している取引で、わかりきっているものなのかもしれません。それでも帳簿は、第三者が見たときにもわかりやすく記帳されていなければならないのではないでしょうか。54号(11月にお送りしたもの)の「会社の信頼性」という記事でもふれていますが、やはりひとつひとつの取引をよく分かっているのは、その取引に立ち会っている当事者なのです。同じ「食事代」でも会社内の忘年会のものであれば厚生費ですし、取引先を接待したものならば、接待交際費です。どちらの科目でも経費には変わりないのだからどちらでもいいじゃないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、このケースでは、どちらの科目を選ぶかによって税額まで違ってきてしまいます。

 数字は見るのも嫌だという方もいらっしゃいますが、仕入単価が上がった、客数が減った、一つの仕事に時間がかかりすぎている等々、会社を経営していく中ではどこかで必ず数字を意識しているはずです。そういったひとつひとつの事柄を会社の業績として形にしていくのが経理の仕事だと思います。正確な数字を漠然と売上を伸ばさなければとか、経費を削減しなければという目標を掲げても、そのためには客数をあとどれだけ増やさなければならないとか、この経費を抑えるには購入先を見直さなければいけないなど、具体的な行動へつながっていかないと思うのです。

 経理は会社の羅針盤という役割を担っています。単に税額の計算や請求書の発行、支払の精算といった業務だけではなく、会社の業績・経営状態を正確に知るためのものという意識を心の片隅において経理していただければ会計事務所としてもこれほどありがたいことはありません。

(1999/02/19・相原愛紀)