【事務所通信バックナンバー】

1999年 年頭所感

 1999年も幕開けして1ヶ月。皆様、年頭の初感をどのようにお持ちでしょうか。大雪に見舞われ、生活基盤まで揺がされた昨年とは異なり、大寒ですら3月下旬の陽気という暖かい初春となりました。

 経済、流通面を通じても暗い話題の多かった1998年は幕を引き、来るべき21世紀を目指し、飛躍の息吹の感じられる年頭となりました。本年も皆様方の益々のご発展のパートナーとして、所員一丸となり専門性に磨きをかけて、よりよい経営助言を行っていきたいと思っています。そのためには皆様方からも積極的に要望を出していただき、双方で方向性を定めていくことが一番の近道と考えます。

 また、本年は『書面添付推進』に力を入れていきたいと思っています。書面添付とは税務当局に対し、税務申告書の最高の信頼(申告是認又は調査省略の判定)を受けるため、税理士法33条の2第1項の規定に基づき、税務当局へ提出する申告書に一定の書面を添付するというものです。関与先の皆様と当事務所が業務の委任に関する基本約定書に記載の約定を相互に交わすことから始まります。尚、提出した税務申告書を調査省略し、申告是認する権限は当然、税務当局の固有の権限です。

 以上、堅苦しい言葉が並びましたが租税正義を貫き地に足をつけ、企業の経営の舵取りをしていくことが、繁栄へのパスポートであるということを、私はいくつもの例より実感しているところであります。本年は、この『書面添付推進』に向けて熱意を注ぎ、皆様方のご繁栄の良きアドバイザーとなれますよう、所員一同研鑽を積む所存でおります。

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

(1999/01/22・荻原秀樹)