【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 今年は皆様にとってどんな年だったでしょうか?私にとってこの1年は慌ただしい年でした。入所3年目となる今年は、「より質の高いサービスを」という目標のもとやってきたつもりでしたが、達成度は今ひとつというところでした。よりよい仕事をするためにはどうすればよいかということを常に念頭に置くように心がけていても、それを結果に結びつけるということはそう簡単なことではないんだ、ということを実感しました。というのも仕事に就いて約3年という時間を過ごして初めて感じられた変化もあったからです。

 変化といっても決して大きいものではありませんが、ほんの少しのことでも物事が変わるということは、相当の手間と時間を要するということが分かりました。日本経済の低迷、金融ビッグバン等々、ここ数年の経済の変化だけを見ても大きな波が押し寄せていることは間違いありませんが、それは突然起こったことではなく、何年も前からの小さな物事の積み重ねが「今」をつくっているのだと思います。そう考えると、こうしている今も少しずつ変化は起こっているのかもしれません。

 来年も状況は決して楽なものではないかもしれませんが、次に来る変化のために少しずつの積み重ねを怠らない年にしたいと思います。皆様のご発展と共に成長できる自分でいられるよう願って1998年をしめくくりたいと思います。

(1998/12/22・相原愛紀)