【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 今年も大変な年でしたが、年末にあたってこんな事を考えた。優れた作曲や立派な演奏を聴いても、音楽の能力の全くない人々には何の感動もなく、無関心である。能力がないからである。その人々でも音楽に関心を持ち、だんだん分かり始めると、その能力の育ちに応じて興味を覚え、やがて心の感動が始まっていくそうである。

 猫に音楽を聴かせても感動はなく、猫には猫の真似でもやった方が、関心を持って耳を動かしている。このことは音楽ばかりの問題ではなく、私たちのすべてについて同様であると思う。

 優れた人々、美しい心の人々に対する尊敬の心を持つことは、確かにその人々の能力なのだ。そして又その尊敬の表現の素直さも、その表現のごまかしも皆それぞれ、その人その人の能力に比例するのだそうである。親が世間の総ての人々を馬鹿にしたような物の言い方をしていると、子供もその通りになり、勿論その場合その子供は親を尊敬する心を持っていない。尊敬の能力がないからだ。立派な人を立派だと認め尊敬する能力、美しい心を持った人々を尊敬する心、高い能力の人の価値を知る能力、総て尊敬は能力から生まれてくる。私達が世界中に一人も尊敬する人がいないと思ったならば、自分の人間能力が恐ろしく低いのだと思えばよろしい。

 私達も来年はこのような点に気を付けて、自分の境地を広げて成長したいものである。

(1998/12/22・荻原秀樹)