【事務所通信バックナンバー】

会社の信頼性

 「税務調査」…このフレーズを聞くと経営者はもちろん、経理担当者しいては会計事務所もドキッとします。商売をしていれば(その他経済活動や相続発生など)申告書を税務当局に提出するわけですが、その申告に際し処理されたものに税務上問題がないか周期的に税務署が書類のチェックを実施するのが、税務調査です。命を取られることはないのですが、痛くもない腹を探られるというのも嫌なものです。

 先日もある顧問先の調査に立会いました。二日間、調査官が会社を訪れ、あらゆる帳簿のチェックをしました。必ずあることですが、社長様や家族名義の通帳までもチェックされます。この顧問先については、申告された書類につき問題がなく是認ということになりました。是認というのは調査等により、調査官が調べた範囲内で処理上問題がなかったことを認めることをいいます。結果、修正申告とはならなかったわけです。調査終了後、その顧問先の社長様が「すべて会計事務所に任せてあるから大丈夫」とおっしゃられました。

 会計事務所の仕事として是認されるのは当たり前だと思われがちですが、この申告是認というのは会社での処理努力が95%以上に必要だということです。会計事務所としては提示されたデータが合法的処理されているか否かは判断できますが、それ以上になりますと困難を極めます。実際、売上をしている、仕入をしている、経費を支払っているのはその処理をしている実際の会社の担当者でなければ分からないのです。会計事務所に任せてあっても一つ一つの取引に立会っているわけではありませんので、会計処理努力というものが自社内で95%以上必要ということになります。そこで重要となるのが月次での巡回監査です。よく監査時にこの取引はどのようなものですかとお尋ねすると、忘れてしまったとか覚えていないなどという回答があり、会計事務所としても困ってしまうことがあります。会社で分からないことは、会計事務所が分かるはずがありません。大体このような取引が調査時に対象となることが多くあります。したがって、月次会計データを翌月に監査を受ける、取引を明確に思い出せる月次巡回監査が必要、不可欠となるわけです。

 では、申告是認を受けるとどのようなことがあるかと言いますと、税務当局からの信頼性が増すと思われます。優良法人等になり、調査省略や調査周期が他の法人より長くなるなどあります。申告書類の信頼性が増すということは、その企業そのものの信頼性が増し、金融機関その他公的機関、しいては取引先などの信頼性が厚くなるなどあらゆる面でのメリットが生まれてくるのです。

 調査を受けた社長様がおっしゃった印象的な言葉が、「会社が安定成長して行くには、実際にあったことを包み隠さず正確に申告することが必要」。つまりガラス張りの経営が必要ということです。こんな不景気だからこそ、きちんとした経理処理が必要なのではないかと思いました。また、こんな不景気だからちょっとぐらいごまかしてもという気持ちが会社を駄目にしてしまうのかなとも思いました。

 当事務所では申告是認を受ける為のツールとして、書面添付というTKCが推進している制度を実施できる事務所となっています。混迷を続ける景気だからこそ書面添付を推進し、各顧問先様の繁栄の手助けとなるよう努力していきます。

 最後に今回申告是認を受けられたのは、会計事務所の努力があったからではなく、会社自身の努力の賜物だということを強調しておきます。是認を受けられました顧問先様にこの書面をかりまして敬意を表するとともに益々のご繁栄を祈念いたします。

(1998/11/24・**退職者による記事**)