【事務所通信バックナンバー】

電子帳簿保存法

 以前から自計化推進のため、色々な会計ソフトをご紹介してきました。当事務所でも電子帳簿について、研修を行いました。これを行うことは、すなわち自計化へつながることだと思います。電子帳簿保存法の内容を簡単に説明しますと、

  1. 電子データ保存の対象となる帳簿書類
    • 仕訳帳、総勘定元帳、補助元帳などの帳簿
    • 決算関係書
    • 棚卸表、自己がコンピューターで作成し出力した領収書(手書きで訂正したものは無効)、証憑書類などの書類

  2. 保存期間
    • 帳簿と書類は共に7年間。ただし証憑書類、棚卸資産の取引に係わるものは5年間
    • 帳簿代用書類は7年間

 始める前に電子帳簿の承認手続きが必要となります。受付はこの7月1日から開始されていて、承認された場合は平成11年1月1日以後に開始する事業年度から適用となります。しかし、申請時点で要件が満たされていなくても、保存を開始するまでに要件が満たされれば問題はありません。

 それにはやはり、FX2(戦略財務情報システム)です。書類の備え付けが義務付けられていますが、FX2なら操作説明書と電子帳簿事務取扱規定を備え付けるだけです。現段階ではFX2が対象となっていますが、今後SX2(販売管理システム)、PX2(給与計算システム)も対象となる予定です。電子帳簿により真実性の確保ができるというメリットがある上、FX2導入により巡回監査も時間を有効に利用し、より質の高いサービスを提供できると思います。是非検討してみてはいかがてしょうか?

(1998/10/23・**退職者による記事**)