【事務所通信バックナンバー】

コミュニケーションの円滑化

中小企業でも新規学卒者の採用が増加

 中小企業には勤続年数が短い従業員が多い。4人に1人は勤続年数3年未満ということである。これは中途採用が多いためだが、たとえ中途採用でも新たに採用した従業員への指導・教育は不可欠である。加えて近年、新規学卒者が中小企業に就職する比率が高まっていて、就職先に占める常用労働者数は年々大幅に上昇し、その採用は着実に増加しているのである。中小企業では中途採用が多い上、新規学卒者の採用も増加しているため、人材育成策の重要性がますます高まっている。 


従業員の指導における意外な盲点

 一般的に中小企業は組織が小さいので、コミュニケーションが円滑で経営者の意向も事業員に伝わりやすいというイメージがある。しかし、現実は必ずしもイメージどおりではない。事業員に尋ねた「勤務先に行ってほしい施策」をみると、

  • コミュニケーションの円滑化
  • 経営方針計画の具体的な提示
を求める事業員は大企業よりも中小企業の方が多い。中小企業だからといって、職場内のコミュニケーションが円滑で経営者の意向が十分伝わっているとは限らないのである。

 従業員へ指導者の意思が伝わらなければ、指導効果は期待できない。中小企業の人材育成策が十分な効果を上げるために、コミュニケーション円滑化の取り組み、経営方針の明確な提示を忘れてはならない。〈国民金融公庫調査月報8月号より〉

主な人材育成方法
資料:中小企業庁「製造業経営実態調査」1997年11月から

(1998/10/23・**退職者による記事**)