【事務所通信バックナンバー】

経営計画

 先月号に続いて経営計画のお話です。後追いになってしまう会計処理を少しでも有効なものにするには、予算との比較をして、現時点までの業績を検討する必要があると思います。では予算は一体どのように立てれば良いのでしょうか。「数字は見るのも嫌だ」という社長さんもいらっしゃるかもしれません。それでも全く気にしていないということはないと思うのです。借入金は滞りなく返済できるだろうか、最近は売上が落ちているな、この仕事は利益率が良かった、賞与の資金をどうやって捻出しようか、融資を受けるにはもう少し黒字が欲しい、といったように日頃気にかけていることがあると思います。

 実はこういったことをひとつひとつ拾っていくだけでも予算の大枠は出来上がってしまいます。会計事務所には過去の会計データが備蓄されていますので、これにいくらか手を加えるだけで来期の予算を立てることができます。会計事務所ではそのためのツールを用意しておりますので、売上、利益率、人件費、経常利益は前期と比べてどれくらいになるか、というざっくりとした捉え方で十分予算を立てることが可能です。

 いずれは毎月の訪問の際に、決算前の対策に始まり、次期の経営計画の策定、期中では予算との対比による業績検討から決算対策というサイクルで、監査と並行して実施して行ければと思っています。赤字の会社は黒字に、黒字の会社でもより健全な財務内容となるよう、会計事務所としても全面的にバックアップができる体制を整えているところです。これまで以上に会計事務所をご利用いただけるようお願い申しあげます。

(1998/09/22・相原愛紀)