【事務所通信バックナンバー】

雑感

 企業を取り巻く環境は依然として厳しく、バブル崩壊後の調整が未だに続き平成2、3年を境として経済は低成長を余儀なくされています。また、規制緩和の波による海外からの参入者との競合、異業種からの参入等で競争は激化の一途をたどっています。さらに情報化の進度は企業の存在自体を問いかけ既成の概念では、もはや生き残っていけないことを示唆しています。 

 このように時代は非常に厳しい現実を抱え、私達はその中で長いこと苦しんできたように感じます。

 しかし、過去を振り返ると日本の経済は幾度かの危機に遭遇しながらもそれを乗り切り、さらに逞しくなってきたのです。この長い不況の中で、長期的見通しを立てていくことが望まれています。また一方で、この暗い世相の中を上昇志向で乗り越えていくことが必要です。「〜のために〜出来なかった」などの発想を越えて、明るく前向きに考えていくべきです。 

 江戸時代の豪商鴻池家では、家訓を定め月に一度九日の日を定めて会合を開き、手代全員の前で読み、改めて神々の前で誓わせるという念の入れようで、常に家訓に対する意識づけを行っていたようです。どんなに素晴らしいものでも繰り返し繰り返しの反復がなければ定着しないということだと思います。 

 現代の企業経営でもこのように経営方針を全員の前で常に反復して繰り返せるような場があれば、その企業の零囲気も変わってくるのではないでしょうか。

 また、「朝礼」の活用もお薦めします。現在当所では『職場の教養』という冊子を論読していますが、9月号の内容を拾うだけでも商品のアイディア、接客の仕方、逆境にめげずに成功をおさめている人々の話、リサイクル、生き方についてなど多岐に渡っています。

「病になるときは病になるのがよろしく候、死ぬるときには死ぬるがよろしく候」

 経済評論家として活躍中の佐藤正忠氏が51歳の時、脳卒中で左半身不随の身となってしまった時出会った良寛禅師の言葉。

 悔やんでいても始まらない。身に降りかかることを肯定し、感謝し明日を信じて今日一日のことを一所懸命にやろうと氏は考え、リハビリに取り組み、毎朝一時間一万歩のウォーキングを続け、見事再起を果たしたということです。
〈本文より〉

 一日の始まり、爽やかな話題からプラス思考でスタートすることをお薦めしようとご紹介してみました。

(1998/09/22・荻原幸子)