【事務所通信バックナンバー】

職場の教養

 私達は毎朝、掃除の後朝礼で倫理研究所発行の『職場の教養』を読んでいます。毎日の内容は各新聞からを抽出されたもので、1ヶ月分の冊子で1日1ページのものを交代で読み合っています。

 最近は新聞といっても自分で決まって読んでいる所だけ、学生の頃に比べ本を読むことも少なくなりました。めずらしく本を借りてきても読み切らぬままというのもしばしば。今までも自分に興味があるものを最優先に行動してきた感じです。『職場の教養』には、自分自身また職場に対しての教訓のようなものが書かれているものだと思います。「興味がない」「つまらない」と感じない為にも、工夫、努力することが大切だと思いました。

 このネットワークも全く形を変えて作るようになり、今までよりもさらに皆様に読んでいただいていることと思います。どんな事も何か思いつきがあれば、新しい発見があると思います。

(1998/08/24・荻原幸子)