【事務所通信バックナンバー】

自計化推進

 先月号で、企業自計化についてご説明いたしましたが、もう少しお伝えしたいことがありますので書かせていただきます。

 Windows98が発売されて早くも1ヶ月が経とうとしています。3.1から95への時に比べそれほど大騒ぎになりませんでした。どうしてでしょうか?前回はレベルアップバージョンでしたが、今回はマイナーチェンジだったからではないでしょうか。また、CM等では、盛んに流れていますが、景気低迷の余波も受け、周りでは全々話題にならなかった等、自計化を取り巻く環境は日々刻々と変わっているわけです。 耳より情報としては……

  1. 先月もお伝えしましたペーパーレス時代対応の電子帳簿に関する法律が施行され、当所が推進しているTKCのFX2は法令に準拠している。
  2. 古いコンピュータをリースで組んでいるのでリースアップまで新しいコンピュータ導入は控えている所には、残リースごと新しいコンピュータに上乗せしリースを組むことが出来ます。月々のリース料の負担軽減になるかもしれません。参考までに現在の東芝リースのリース料率は4年で2・46%、五年で2・04%です。
  3. FX2を導入すると10人までの給与計算がミニモデルとして利用できる。
  4. FX2導入企業に対しては、TKCがプロバイダーとしてイントラネットサービスを受けられる。その中には有料ですが、3時間まで千円でインターネット等の情報通信ができます。(イントラネットを導入する際には電話回線をISDNにし、ターミナルアダプタが必要、2件合わせて7万程度)
  5. 事務の合理化、業務管理又、予算管理することで、会社の階段的なレベルアップが出来る。
等々、数多くの会社にとって、また事務担当者にとって自計化はよりよいものとなります。

 参考までに、リースでコンピュータを導入した場合、デスクトップ型の標準で4年リース約1万1千円、5年リース約9千円、ノートブック型の標準で4年リース約1万2千円、5年リース約1万円の月額リースとなります。(この他に別途導入時にはコンサルタント料として月々の保守料とソフトレンタル料がかかります)今後、自計化(コンピュータ導入)にあたっては、まず会計事務所にご相談下さい。

(1998/08/24・**退職者による記事**)