【事務所通信バックナンバー】

経営計画を立ててみませんか?

 私が皆様の会社へうかがうようになって、丸2年が過ぎました。毎月訪問し、会計資料・伝票を確認し、それを入力して集計する。今月の売上は――、限界利益は―― 、固定費は―― 、経常利益は―― 、などと解説をし、事務所に帰って、その試算表を郵送する。そんな日々の慌ただしい業務の中で、忘れそうになることがあります。どんなに早く監査にうかがっても、出てくる資料はあくまでも過去のものであるということ。本当は「今月の」ではなく、「先月の」ものなのです。もちろんこの積み重ねが、決算・申告へとつながっていくわけですから、無駄なものであるはずはないのですが、毎月の試算表を皆様にとってもっと有益なものにできないだろうか、と考えることがあります。

 「過去の試算表」を「会社の将来」のための有効な資料にするには、予算を立てることが大事です。売上が前年対比で何%増えたのかを気にするより、予算達成まではあといくら必要かを考えた方が、前向きな感じがしませんか?不景気で先行きの見えないこの時代に、予算や計画なんか立てても……とあきらめることはありません。目標を設定することによって、今まで気づかなかった問題を発見したり、目標達成のための具体的な行動を起こすきっかけづくりにもなるのではないでしょうか。経営計画といっても難しく考える必要はありません。最初は目標の経常利益を設定することだけでも良いと思います。一つでも目標を決めることによって、仕入は今のままでよいか、経費に無駄はないか、売上は月にいくら必要かなど、その他の項目も結果的に見直すことにつながります。

 当会計事務所は、卸し、小売り、製造建設等々、様々な業種のお客様とおつきあいさせていただいています。本当は各業界の情報に精通していなければいけないのかもしれませんが、やはりその道のプロフェッショナルである社長さんにかなうはずもありません。ヒット商品を産み出すにはどうしたらよいかなどと、おこがましいことは考えませんが、貴社の財務内容をいちばんよく知っているのは、会計事務所です。目的達成のための具体的な方法を考えるのは社長さんにお任せするのがいちばんかもしれません。ただその目標を数字にしたとき一体いくらになるのか、実績値はその目標と比べてどれくらい達成できているか、といったことは私たち会計事務所がアドバイスさせていただけるところだと思っています。

 申告企業の大半が赤字決算であるということを考えると、現状はなお厳しいものであるといわざるを得ませんが、なんとか黒字を計上したいというのは誰しも変わらないところだと思います。もちろん黒字になればそれなりに税金も出ますが、財務内容が良くなればそれは資金の呼び水になるとも言えます。

 どうしても数字の話が多くなってしまいがちですが、社長さんの経営方針、描いている会社の将来像、今後やってみたいことなど、経営計画を通して社長さんの考えを聞いてみたいと思っています。試算表自体は数字が羅列されている書類にすぎませんが、それを見たときに会社の将来も見えるようなサービスも提供していきたい。そんな気持ちを忘れずに今後も監査に臨みたいと思います。

(1998/08/24・相原愛紀)