【事務所通信バックナンバー】

雑感

 最近、ある金融機関の支店長さんとお話をさせていただく機会がありました。その時、決算申告書のことが話題にのぼり、「きれいで分かり易い決算書でありがたい」と、お褒めの言葉をいただきました。(勿論お世辞半分というところもあるでしょうが……)

 やはり申告書は、融資の意思決定などの重要な資料となっているようですが、決算書の勘定科目の数字そのままに判断するというわけではないようです。減価償却は限度額のうちいくら実施しているか、債権・債務の内容はどういうものか、などを加味した上で、決算数値に補正を加えて判断するとのことです。その際の参考になるのが、申告書につける付表や勘定科目の内訳書です。これらの書類がしっかりしていないと、判断も曖昧なものにならざるを得ないようです。

 決算書は社外に提示されることもあり、結構細かいところまで見られているということを考えると、税金の計算さえ正しくできていれば良いというわけにもいきません。決算の際、この取引先の住所は?この支払の内容は?この手形の期日は?などと細かいところまでお聞きするのは、勿論正確を期するためもありますが、第三者が見て印象が良く、分かり易い書類を作るためなのです。私も皆様の会社が、より高い信頼を得られるように丁寧な書類づくりを心がけていますが、皆様のご協力があればこそできることだと思っています。担当者があれこれと聞いて、面倒にお思いになることもあるかもしれませんが、決して無駄になることではないと思いますので、今後もご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

(1998/07/22・相原愛紀)