【事務所通信バックナンバー】

この景気下こそ自計化を

 巡回監査の折り、経営者の方々から聞かれる言葉で、最近最も耳にする言葉は、景気はよくない、業績もつれてよくない、どうやって給料・賞与を捻出しようか、このままの景気ではとても不安。この平成不況を嘆く言葉が多くなっています。政策の失敗がこの不況の原因ということで、先日、橋本さんが総理総裁を辞任しました。では、バブル時代には政策がよかったのでしょうか?バブルというぐらいですから、はじければ何もなくなる。これも政策の失敗だったのではないでしょうか。ではバブル時代、政策がいいから景気がいいと思っていた人はどのくらいいたでしょうか?

 多くの経営者は、自分達の経営努力の結果、会社全体の経営努力の成果と、とらえていたのでは?景気がいいと自らの結果、悪くなると政策や他のものへの転嫁。景気がいい時に努力できていたのですから、悪くなったらさらに努力すべきです。この時期だからこそ努力のしがいがあります。幸いに当事務所の関与先様方は、その点の理解があり、倒産してしまったという会社はございません。日頃の努力の賜物と思われます。

 しかし、現状月次監査を実施している中で、自分の会社の業績が約20日から25日遅れで正式なものになって出てきている。それから検討する。この凄まじいスピードで流れている景気化で少し遅すぎる感も否めません。したがって当事務所としましては、日々の経営業績がリアルタイムに確認する自計化推進運動を実施しております。経営者の意志決定レベルから業務執行レベルまで様々な経営管理目的に対応した財務情報を提供できるソフトがFX2です。財務情報を活用することにより経営者の戦略的意志決定を支援するマネジメントツールです。自計化を推進するそんな折、国会において、コンピューター会計法(正式には「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存法等の特例に関する法律」)が可決成立しました。簡単な説明としましては、ペーパーレス時代に対応したもの。今までは、紙に出力し保存しなくてはならなかったものが、磁気テープやCD‐ROM等での保存でOKということです。削減コストからいいますと中小企業といえども、かなりのものと考えられます。FX2は、今回の法律に準拠したシステムです。

 先ほども述べましたが、景気低迷期こそ、さらなる努力をしなくてはならず、あらゆるコストについて見直しを実施しなくてはなりません。自計化をすることにより、コストダウンを実現し、さらに日々経営情報を確認する。当事務所として、関与先様のニーズに答えるべく右記のようなツールを持ち、バックアップに努力していきます。

 今月には、Windows98が発売になり、その周辺機器も以前以上に使い易くなってくると思われます。この時期一度検討してみてはいががでしょうか。自計化についての詳細は会計事務所又は監査担当者まで。

(1998/07/22・**退職者による記事**)