【事務所通信バックナンバー】

経営変化への対応策

 景気が回復していると言われ続けても、現状は回復するどころか、これまでの間に倒産という結果に至る企業は、増加の一方です。そこで「経営環境変化への対応策」として、中小小売店の経営の実態を見てみます。

 図のように営業状態から対応策を見いだせないまま、従来どおりの経営を続けているだけで、業況は落ち込むだけです。最近五年間の売上の推移を対応策の実施状況別に見ると、見いだせない小売店の割合は、76.4パーセントにものぼります。何らかの手段をとる必要性は、ますます高まっています。

 対応策の結果、8割以上が何らかの成果を上げています。これらの対応策の内容を見てみます。

    【商品】
  • 専門化…取扱商品を絞り込み奥行きを深める。
  •  
  • 多様化…取扱商品の種類を増やし、品揃えの幅を広げる。
  • オリジナル化…商品の企画や製造。
    【サービス】
  • アフターサービス…配達・据え付け、修理・点検など。
  • 情報提供・コンサルティング…専門的な情報の提供、相談へのきめ細かな対応、接客の強化など。

 競争に勝つためには、競争相手に対して何らかの優位性を発揮しなければなりません。言い換えれば、競争相手との差別が必要だということになります。とすれば、いかなる手段でそれを実施するかという点で考えられます。そこで、どのようなことを実施したのでしょうか。

    【手段】
  • 顧客管理の強化
  • 売れ筋商品の把握など
  • 仕入の工夫
  • 営業時間の延長
〈参考〉国民金融公庫 調査月報 March.1998

 上記は中小小売店の業況ですが、これは中小小売店に限らず、会社経営をされる皆様も思うところがあるのではないでしょうか。これまでを見て、少しでも参考になればと思います。

(1998/07/22・**退職者による記事**