【事務所通信バックナンバー】

リスクは経営的視点から

 中堅・中小企業におけるリスク管理は緊急を要する現実の問題になっています。一番大事な視点は何か。中堅・中小企業におけるリスク問題のとらえかたは、経営的な視点から考えていく。それが仮に法律問題だとしても全て経営問題として、正常な経営のありかたからアプローチして、その中に正しく位置づけ、そこと結びつけて考えるという発想を常にやっていただくことが大切です。経営は前述の通り、機会の創造と、問題の解決という攻めの面と守りの面があります。あるいは、経営の指標からすると顧客満足度をいかに高めるか、キャッシュフローをいかにしっかり押さえるのか。これらを視点に置き、経営の問題として、リスクを管理していかなければなりません。それでは、どういうものが、中堅・中小企業、特に中小企業のリスクマネジメントの観点から取り上げられるべき問題なのか。

【資金繰り】
 第一番目に前述の経営の指標の中にキャッシュフローというものがありましたが、企業の生命は資金繰りですので、その資金繰りをいかにリスク管理していくかが取り上げられます。

【事業承継】
 第二番目に、企業の永続ということを考えると、やはり事業承継というものをリスクの問題として取り上げなければなりません。

【法的リスク】
 第三番目として法的リスクを取り上げることが必要です。株主代表訴訟、PL訴訟、労災、さらに最近の問題としては自己株式の取得の問題等が注意を要する問題です。

 以上のような問題を押さえながらリスクマネジメントをしていくことになります。ここでは一番目と二番目のポイントだけ述べることとします。

「資金繰りは売掛金管理」
 まず、資金繰りの問題です。企業であれば、大企業であっても、中小企業であっても、資金繰りの重要性においては変わるところはありません。企業が発展するときに資金繰りの苦しさを味わうようです。それから資金繰りで指摘したい点があります。それは、資金繰りというと、すぐ銀行からの借入となってきますが、この思考方法は正しく是正していくべきだという点です。やはり資金繰りは、単に式が不足しているところを何とか資金回転をしていくという問題ではなく、企業の将来の姿というのを描きながら企業の正常な営業循環活動の中で、企業の姿勢をみせる問題としてとらえるべきです。

(1998/06/22・**退職者による記事**)