【事務所通信バックナンバー】

いい社風を創る

 すさんだ心の集団……会社ほど悲惨なものはない。

 私は会社で何が一番大切かというと、良い社風を創ることだと思います。もちろん会社にとって利益も大切でありますが、社風を犠牲にしてまで上げた利益では意味がないと思います。社員というものは、命令や規則、職務規程によって仕事をするということは、絶対にありません。では、何に従っているかというと、社風に従って仕事をしているのです。いい社風を創るためには、まず会社、そしてトイレ、車、道路を綺麗にすることです。私が一番嫌いなのは、すさんだ心です。ですから少々はお金を犠牲にしても、心のすさまない職場にしようと思って、今日までやってきました。すさんだ心の集団、会社ほど、悲惨なものはありません。いくら経常利益を上げて新聞紙上でもてはやされても私はそんな会社は、決していい会社だとは思いません。それよりも郵便を届けてくださる方、運送会社の運転手さん、そういう人に思いやりが持てるような会社でありたいと思っています。

 私自身も心のすさんだ人間にはなりたくないと思っています。また、したたかになって人を見下したり、弱い者を踏みつけたりするのは、人を傷つけ、人を不孝にするのです。そういうしたたかな人が、一日の中でどれだけ大勢の人を苦しめたり、傷つけたりするか。まして、ひと月、一年、一生の間に傷つける数は大変なものです。私もそういう人に痛めつけられ、苦しい思いをしてきましたので、そういう人が世の中から一人でも減ってもらいたいと思います。

(1998/06/22・荻原秀樹)