【事務所通信バックナンバー】

雑感

 先日、NHKの番組で、システム金融なるものの特集番組が放送され、見て驚きました。皆様の中にもご覧になった方がおられると思いますが、どれだけ日本経済が低迷している時間が長く続いているかが垣間見られたような気がします。その一部をお話しますと、金融機関の貸し渋りにより、運転資金が借り入れできなくなり、ノンバンクからも借りられない。その時に、システム金融なるものから、資金を借りる。ケースとして紹介されたのは、まず50万円の融資を受け、75万円分の小切手を3枚に分けて1週間ごと返済するよう先日付けで振り出す。25万円ずつであれば、資金ショートを免れたい会社は何とか決済できると考え、金利までは頭になく1回目は75万円分を決済する(金利は25万円でなんと50%の利率!!)。

 しかし、その場は凌げても、やはり次の運転資金が必要……また借り入れ。そうすると、50万円ではなく75万円借り入れする。小切手は1125千円分3枚に分けて、その繰り返しでテレビで紹介されたケースは、3ヶ月程度で50万円の元金が1000万円以上に雪だるま式に増加してしまったとのこと。不渡りを出したくない一心で何十もの業者から借りる。貸す側も、10社程度でグループを組み、AからB、BからCという形で1つの会社を取り巻く。法定利率を大きくオーバーしており、違法ですので、弁護士等に相談をという締め括りでした。

 グループ会社の社長3人が自殺をしたり、長者番付の中にノンバンクの役員が新たに登場したりと、中小企業を取り巻く金融機関から、貸し渋りというものが浮彫にされてきている出来事だと感じています。

(1998/05/22・**退職者による記事**)