【事務所通信バックナンバー】

雑感

 毎月の決算を終える度に、自分なりに色々と反省してみるのですが、色々な課題があることに改めて気づかされます。決算を終えて期も新しくなると、また1ヶ月目の監査からスタートとなるわけですが、前期の反省を生かし、今期はより充実した監査ができるよう心がけています。ただ気をつけているつもりではいても、なかなか思うようにいかないことが多いのも事実です。

 皆様方の中にも、「もっとこうした方が合理的ではないのか」とか「現状の経理方法よりより良い方法があるのではないか」といった不満や疑問をお持ちの方がいらっしゃると思います。会社の経理体制を確立させることによって、今まで目を向けられなかったことにも目を向ける余裕が生まれれば、新たな事業展開の糸口をつかむこともできるかもしれません。そのためには会計事務所からお願いすることも多くなるかとは思います。監査担当者は、プラスアルファのサービスを提供していきたいと考えていても、どうしても税務上のチェックや科目残高の確認等に神経を使ってしまうことが多いものです。

 毎月の訪問時にはその月の経理処理を進めることも大事な仕事ですが、ご意見・ご要望をうかがう貴重な時間でもありますので、現状の体制に疑問をもたれたときには、担当者にぶつけてみてください。

(1998/04/22・相原愛紀)