【事務所通信バックナンバー】

この景気だから見直しを

 よく会計事務所の監査担当が、会社・個人の生損保についてお聞きする、又提案させていただいていますが、なぜそのようなことをするかといいますと、第1には関与先様の繁栄なくして会計事務所が成り立たないという点があります。第2には会計データを通して会社のムリ・ムダ、又補足しなければならない点がわかるという点もあります。景気低迷時期だからこそ、各保険の見直しをし、会社又個人のニーズに合った保険に加入しておくことがベストではないでしょうが、資金が無い(経費削減)為、保険なんてすべて解約してしまえなどという考えが一方ではありますが、保険というものは、いざ、万が一という時に必要となってきます。

 しかし、その保険が契約したのはいいが中身がわからない、どういった時に保障が受けられるのかわからない、入院や通院した時は?そこで会計データ等を通して、会社としての保険が今加入しているものがムリ・ムダがないか。又、個人や会社、又グループ保険等の中身がわからないものについて、わかりやすく設計書等で提供させていただきたいと思います。まずは今加入の保険の証券のコピーを監査担当者に提示してみて下さい。

 金融ビックバンが進む中で、保険業界も大きく変わりつつあります。自動車保険で言えば、ABS割引や30歳未満不担保が新たに始まり、生保で言えばある保険会社のように、たばこを吸う人と吸わない人では保険料が違うなど次々と商品が発売されています。消費者としては、商品が増え、よりニーズに合ったものを選べるという利点がありますが、反面どのような保険がいいのか迷ってしまうという点もあります。是非、会計事務所をそういう面でも利用してみませんか?

(1998/04/22・**退職者による記事**)