【事務所通信バックナンバー】

雑感

 昨年、景気が上向きはじめたかと思うのもつかの間、拓銀、山一証券等の崩壊で、金融危機が表面化した頃から景気の風向きが変わり始めてしまった。さらに今年に入って、経済企画庁が2月の月例経済報告会で、景気は「足踏み」から「停滞」としたことで、いよいよ長引く景気停滞が本物となってきた。

 反してアメリカ経済は絶好調だ。昨年下半期の実質成長率4.3%。景気の上昇は、6年半も続いているのに物価は安定し、金利の上昇も抑えられている。2月のクリントン大統領の予算教書では、今後10年間に見込んでいる財政黒字の総額は、8790億ドル。つい数年前までは財政大赤字で身動きがとれなくなっていた、あのアメリカが…。20年程前は、全く逆の状況であったのに…。この要因は何であろうか。もう経済成長に波乗りしている時代は過ぎ、厳冬の時代との認識を強めるべきだ。

 バブル崩壊後の日本の経済は混とんとしている。未来への明確な設計図を持てず、苦しんでいる。この苦しみから抜け出すには何が必要か。

 企業の経営において、経営者はまず自分自身を振り返ってみなくてはいけない。自ら事業をおこし、会社を成長させてきた経営者は「俺達の若い頃は…」とか「最近の若者はスケールが小さい」などと口にしがちである。

 しかし、現在は10年前に比べて数倍のスピードで経営環境が変化する時代だと言われている。過去の常識や精神論を振りかざしても、明るい未来は開けてこない。

 社内全員の意見を積極的に採用したり、外部よりの苦情にしっかり対応できるようなルートを築いたり、新しい組織づくりが必要だと思われる。

 「トップ」の意識が変われば、社内の「人材」や「組織」は大きく変わる。中小のハンディを克服し、大企業を凌ぐ事業展開をしている企業は必ずといっていい程、新しい組織づくしを進めている。

 過去の蓄積を改革していくこと、果たしてそんなことが出来るであろうか。しかし、景気が悪いといって諦めムードではこの不透明な時代を勝ち抜いていかれないことは、火を見るより明らかである。

(1998/04/22・荻原秀樹)