【事務所通信バックナンバー】

格付

 格……身分。位。格式。等級。

 最近、よく目や耳にする「格付」という言葉の格という意味は、上記述されているものの意味と考えられます。

 この格付けというものは、外国専門会杜などがその会杜のあらゆるデータを分析し、AAAとかAA+などとランク付けし、信頼度や安全性などを評価しています。現在よく金融機関等がこの格付けがどのくらいかと雑誌等で掲載されています。一時はこの格は評価が落ち、外国での資金調達にジャパンプレミアムという割増金利を乗せられたこともありました。この度、国の政策により、公的資金が導入され、格付は変化したかどうかは分かりませんが、信頼度等が回復し、ジャパンプレミアムというものが解消方向に―というニュースがありました。

 現実は大きな会社のことと思われている「格付」。しかし、金融機関等から資金調達している中小企業にもこの格付があります。私が銀行に勤めていたときも与信格付なるものがありました。その格付が今後とても重要になってきます。格付がよければそれなりの融資が受けられると思いますが、悪ければ今まで通りにはいかなくなるということです。格付なるものはどのように設定されるかというと、金融機関によってもまちまちですが、一番はやはり経営数値となるでしょう。毎月巡回監査でお伺いし、会計データとして毎月お届けしている試算表、月例経営分析表が重要となってきます。与信格付に対してもそうですが、企業の体質改善等健全経営に向かう為には、やはり経営数値の検討、見直しが必要です。

 そこできちんとした会計データにより、毎月巡回監査し、最新の業績数値を検討、見直していくことが最重要課題となってきます。現状、会計伝票からデータ化するだけの会計事務所処理となりがちです。当所としましても、個々の能力の増々の充実を計り、この厳しい状況を関与先様と共に乗り越えていきたいと思っております。

 どしどし会計事務所を利用してみて下さい。

(1998/03/23・**退職者による記事**)